ソナチネ 北野武

f:id:babel1107:20180215224307p:plain

ソナチネ

監督、脚本、北野武

 

ソナチネ

それは僕が映画の中で1番刺激をもらった作品です

物語ではなく映し出される映像、流れる音楽、死の雰囲気

全て芸術性が高い

 

ソナチネはたけし映画の4作目であり一区切りついた作品です

たけしはソナチネを最後の映画と考えて製作に取り組んだそうです

 

沖縄の

残虐な映画でありながら美しい沖縄の海が映し出される

 

ソナチネは沖縄で撮影が行われ有名な相撲シーンが誕生しました

 

f:id:babel1107:20180215224723j:plain

透き通る海

そして静けさ

嵐が来る前のようです

が映し出す世界はとても美しく目を奪われます・・・

 

ソナチネという映画

凶暴な男、ここに眠る

強烈なキャッチコピーを見ました

 

凶暴な男・・・それはたけし自身ではないかと

 

たけしの初監督作品「その男、凶暴につき

この映画と何か関係があるのでは?と思ったのです

凶暴な男、ここに眠る 凶暴な男をここに完結させる

自分自身を終わらせる

そういったメッセージが込められた作品だと感じました

 

ソナチネはたけしの心を映し出した映画でたけしが演じる主人公「村川」

彼が話す言葉、心情は当時のたけしの本音だと思います

「ヤクザ・・・やめたくなったなぁ・・・」

村川が車の中で会話するシーン

ヤクザとは芸能界のことをさしているのではないかと

「もう疲れたよ・・・」

続いて村川が話す・・・

 

f:id:babel1107:20180215231450j:plain

ソナチネという映画は「死」を映画として完璧に作り上げたものです

漂う死のにおいが映画全体に広がっているのです

この頃のたけしはテンションが異常に高いように見えます

番組の収録中に銃を取り出して笑いながら死ぬんじゃないか?ってぐらいに高いです

 

そしてこの頃のたけしはソナチネと共に眠った・・・そう思います・・・

そして新しいたけしが生まれた

初期の4作は北野武の集大成であることは間違いないです

 

Twitter@666_Damien1

耳をすませば 日本が誇るホラー

 

注意!

ネタバレも含みます

このホラー映画をすべて覚えているわけではないので間違えていた点があればすぐに修正いたします

 

耳をすませば

f:id:babel1107:20180204164156j:plain

私がこの日本で一番怖いホラー映画だと思います

これが恋愛?ドキドキ?アホかと、馬鹿かと(吉野家コピペ

この映画は恐ろしいストーカー聖司を軸に物語が展開します

 

あ、この娘かわいいと付き合いたいと

思ったら会話からスタートしますよね?

聖司は雫が読みそうな本を先読みし名前を記入

雫の脳裏に自分を植え付けたのです!!

こんな手口、貝塚勃起土竜も思いつかんぞ!

f:id:babel1107:20180204164521j:plain

彼の洗脳にかかった雫もアホかと、まだこの時点で会話0です

そして・・・

 

 

コンクリートロードはやめたほうがいいと思うぜ

 

きめぇわ( ^ω^)・・・

 

この時点で彼の狂気が見えていましたね

 

そして

 

やなやつ!やなやつ!

 

・・・( ^ω^)・・・

 

救いようがない二人

まさにB級ホラーの展開

 

先読みはここで終わりましょう

 

 

家までついていっていた?

最後の夜明けにストーカーが雫の家に来るシーン

 

あれ?家知ってんの?・・・・・

 

聖司・・・おまえまさか・・・

 

しかも窓に石を投げます(なぜ雫の部屋の窓の場所を知っていたかは不明

ワンチャン殺意あった可能性もあります

殺しきれなかった聖司はそのあと誘拐するんですが雫もアホかと

警察行くべきです

 

警察に行かないことから見ると聖司は完璧に雫を洗脳していました

そのあと恐怖のプロポーズで物語は終わります

 

ん?怖さが分からない?

 

そうです

聖司の視点だけでは異常な中学生のストーカー劇

やつを覚えているだろうか

杉村

 

f:id:babel1107:20180204170500j:plain

このキャラが重要です

杉村は真っ向勝負で雫に告白しました

これは一般的な告白の方法であり理想です

つまり杉村は表聖司は裏を意味します

杉村という純粋であり一般的にカッコいいと思われるキャラを出すことにより

聖司の狂気をより怖く、恐ろしく魅せることができるんですね

この演出は・・・ハイ!バッチリ!

文句なしのホラー演出です

 

その後

 

f:id:babel1107:20180204171836j:plain

杉村らしき男は夕子らしき娘と歩いていますね

これは理想像

一般的に幸せです

 

次に

f:id:babel1107:20180204172230j:plain

聖司の狂気が爆発

洗脳が成功し彼の夢を手に入れました

このシーンはホラーシーンに残るエンドです

ハッピーでもバッドでもないこのエンド

いや~恐ろしい

 

どう考えても杉村のほうが男です

そして夕子も正常です

 

聖司、雫、あなたたちにはひとつも感情移入しませんでした・・・

 

Twitterでアンケートとってみました

f:id:babel1107:20180204171617j:plain

 

13票ありがとうございますm(__)m

結果

1.面白い

2.オフ会を開いて恋愛するべき

3.いやストーカーやん

4.警察に相談するべきだった

 

個人的にはオフ会で恋愛に一票です

 

 聖司、杉村アンケート

f:id:babel1107:20180204183435j:plain

うん・・・うん・・・

 

終わり

書いてるだけで恐ろしかったです

テレビでやってたらまた見ようかな

 

Twitter@666_Damien1

 

私が見て感じたゴッドファーザー

どうもDamien/ダミアンです

今回は映画といえば...

ゴッドファーザー

それぐらい有名なゴッドファーザー三作を見て感じた感想を書いていきたいと思います

 

1.ゴッドファーザー

ビトからマイケルへ

この一作目は私が映画を見始めた頃に出会いました

正直長く面白くない

それが初めて見た時の感想です

ゴッドファーザーと出会った時には何も心が揺れずにPART2は封印されました

しかし三部作すべて見ればこの映画のすばらしさを理解しました

完璧な映画とはゴッドファーザーのためにあるような言葉です

f:id:babel1107:20180121032047j:plain

 

2.ゴッドファーザーPART2

やりすぎマイケル

コレはゴッドファーザーを見てから約半年後に見ました

一作目を超えた続編として有名でした

3時間越えに驚いたが時間を見つけてはちょくちょく見ていった

「クソ面白い...!」

ゴッドファーザー沼に浸かった瞬間です

デニーロのビト過去編

それと同時に進行する現実のマイケル

隠れたメッセージ性とラストに驚くことしかできなかった

トムがフランクに自殺をほのめかすシーンは思わず顔を覆ってしまった

ラストのフレドも殺してしまうシーンはさすがにやりすぎと感じた

 

このPART2で過去のマイケルを捨ててドンとしてのマイケルコルレオーネを創った作品だと思います

f:id:babel1107:20180121031854j:plain

3.ゴッドファーザーPART3

マイケルコルレオーネの死

ゴッドファーザーのシリーズといっていいか微妙な立ち位置の作品

PART2の後日談らしい

三部作の完結編ではない

マイケルに焦点をあてた映画で全体的に哀しい雰囲気がある

ゴッドファーザーの集大成といってもいい

権力、孤独、愛、哀しみ

全て詰まってる

f:id:babel1107:20180121031925j:plain

f:id:babel1107:20180121033436j:plain

 

ゴッドファーザーシリーズ全ての感想

 

ビトとマイケル2人のドンとしての生き方と成功と失敗だと思いました

ゴッドファーザーPART2で若い頃のビトは周りからの信頼も厚く裏切りなんて考えられないでしょう

仲間を増やしていき成功を収めました

そして愛され続け最期を迎えました

 

しかしマイケルは周りを切り離し成功を収めて行きました

兄のフレドまで殺してしまうのです

いくらなんでもやりすぎっと思うことをマイケルはやり続けたのです

その結果、PART3では何かも失い廃人となり最期を迎えました

 

ビトとマイケルの最期は対照的です

 

マイケルの人生とビトの人生

どちらが本当のドンだったのか

私はそれを考えました

ビトは生まれつきドンのだったと思う

マイケルは父の姿を見てマイケルコルレオーネを演じたと思う

必死に追いつこうと

切り離し切り離し成功を収めたマイケルコルレオーネが最後何もかもなくす崩壊の美がPART3

PART1とPART3はビトとマイケル

表と裏の違いを証明した作品だと思います

 

 

ゴッドファーザーは1、2、3で一つの映画だと思います

その中で色々なメッセージがあると感じました

 

1.馬の首と必要のない死

PART1.2でのシーン

コレは運命がクルンと変わってしまうことを込めていると感じました

今まで優勢だったのがコノシーンからドンドン落ちていくような

そんな気がします

f:id:babel1107:20180121032213p:plain

 

2.階段

PART1のラストのシーン

階段で撃ち殺さ地へと落ちていく

これは権力が無くなったことを意味すると思います

f:id:babel1107:20180121032302p:plain

PART3ではマイケルが銃に撃たれてしまいますがなんとか持ちこたえました

しかし娘はその銃で殺されてしまいます

マイケルは階段で倒れこみ叫びをあげる

すべてをなくした瞬間です

 

まだ数多くあると思います

何回も見ることで発見することができるでしょう・・・

 

最後に

マイケルの人生は幸せとは呼べないと思いました

アポロニアと結婚し順調にいけば家族(ファミリー)を手に入れてたと思います

ドンになってしまったことにより組織(ファミリー)を守ることを決めすべてを切り離しました

PART3ではマイケルは家族を一番大切にしています

だが家族を守り抜くことができず全てを失ってしまい声のない叫びのシーンが入ります

マイケルが手に入れたかった家族(ファミリー)は失い

組織(ファミリー)は守り抜きました

ドンとしてのマイケルコルレオーネを捨てたときに残ったものは孤独と哀しみ

 

そして最期を迎えました

アポロニアと生活した家に似た場所で・・・

 

f:id:babel1107:20180121031711p:plain

 

ゴッドファーザーは成功と失敗

一族の争い

完璧が崩壊したとき鎖が外れる

私はそう感じました

f:id:babel1107:20180121032626j:plain

 

f:id:babel1107:20180121032857j:plain

 

Twitter@666_Damien1

 
 
 

syamuさんの映画を作りたい!

おうぃぃぃぃぃぃぃっす

どぉもーダミアンでーすぅ
 
最近思ったことがあります
 
syamuさんの映画を作りたい(棒
 
自伝映画はいらないけど...syamuアクションが見たい!
って事で自分なりにストーリーを考えてみましたー

 

1.オフ会0人

 

f:id:babel1107:20180113193624j:plain
執筆もできるって?なかなかいないよ.....


さてオフ会0人編の妄想です狂人syamuを描く映画です

対馬=たいま を生み出した男の人生

これは面白いで....

あらすじでオチが見えるのもsyamuさんの実力だで...

対馬編集はsyamuさんしかできないのでまず映画化は無理ですね...


2.難波地獄の7時間編 数字を盗んだ男
f:id:babel1107:20180113193904j:plainこれに関しては原型をとどめていないですね

SF要素を取り入れ「太陽を盗んだ男」をモデルにしましたコンドームとナプキン要素を入れたかったのですが.........これはボツですね

てか最後のほう太陽を盗んだ男になってますし・・・(詳しくは太陽を盗んだ男の予告編を見てくださいm(__)m

 

さてsyamuシリーズ第三弾・・・

ここで思考が停止した・・・

ここまでの作品すべておふざけが足りない・・・

しかしおふざけに足を踏み入れた場合それはsyamuの動画になってしまう・・・

ってことで続編のアイディアでてこなかったです

ゾット帝国を見て勉強します

 

妄想で映画のアイディアを書くの面白いだで・・・・・

 

 

IT(イット)それが見えたら終わり 感想

こんにちわー!!

今回は11月に公開されたスティーブンキング原作「IT」の感想についてまとめていきます

まず「IT」の作品解説です

 

初の映画化

監督・脚本 アンディ・ムスキエティ

原作    スティーブンキング

過去の作品 ドラマ IT

 

まず今回のITは初の映画化です

過去作のティムカリーが演じるペニーワイズの作品はドラマです

そのドラマをつなげたものがdvdとなっています

 

感想

んー微妙だった

今回のITは原作にとても近い作品となっています

しかし原作は文庫で4巻もある大作なわけです

それを前編、後編の二部作構成にするにはオリジナルストーリーを入れるしかないと思います

 

だけど今回のITの前編の出来が少し中途半端かな・・・と

後編につなげるには説明不足であり、またドラマ版のラストのような悲劇を起こしそうで怖いです・・・

 

監督のホラー映画愛はとても感じられました!

エルム街の悪夢5のポスターが出てきたり、ティムカリーが演じるペニーワイズらしき人形もでてきましたしホラー好きとしてはとても楽しめた部分です

 

IT それが見えたら終わり の監督は「MAMA」と同じなので疾走感ある恐怖がいいですね

MAMAダッシュではないペニーダッシュも見れて満足(どこかの大物YouTuberに見えたけどね・・・

 

ペニーワイズを演じるのはビル・スカルスガルドはイケメンなのでペニーワイズのキャラ自体がイケメンになってしまいそこが微妙だった

ティムカリーの恐怖は誰にも超えられないだろうね・・・

 

後編は2019年公開予定です

原作通りなのか・・・オリジナルで行くのか・・・

とても楽しみです!

 

f:id:babel1107:20180113160229j:plain

(ネタバレ注意!!)ランボー 一人だけの軍隊

f:id:babel1107:20171014020212j:plain

監督 テッド・コッチェフ

脚本 シルベスター・スタローン

   マイケル・コゾル

   ウィリアム・サックハイム

原作 ディヴィッド・マレル 「一人だけの軍隊」

続編 ランボー/怒りの脱出

あらすじ

1981年12月 ワシントン州 

ベトナム帰還兵のジョン・ランボーベトナム時代の戦友のもとを訪れる

しかし戦争での化学兵器の後遺症でこの世を去っていた

その後、食事をとるため街に行ったランボーは保安官ティーズルにトラブルを起こしそうという見た目だけの判断で逮捕されてしまう

その後、取り調べでベトナム時代の記憶がフラッシュバックしたランボーは兵士となり保安官と戦い、山奥に消えてしまう・・・

ラスト

映画版ランボーは最終的には逮捕されてしまう

原作ではランボーはトラウトマン大佐に射殺される

射殺されるラストも撮影され、映像は4作目の「ランボー 最後の戦場」で見ることができる

また、射殺されるラストは実際に使うと考えていたが続編計画があったことやあまり良い評価ではなかったので使われなかった

邦題

映画の題名「ランボー」は邦題であり実際は「First Blood」である

First Bloodは先に血を出すから先手、先に手を出した、などの意味がある

続編の「ランボー/怒りの脱出」では原題も「RAMBOⅡ」に変更されている

感想

一番感じたのはこんなに重い作品なのかと

ランボーのイメージと言えば銃を撃ち続ける娯楽作品

そう思っていた

ランボー撃ちとかいいながら・・・(笑)

しかし実際のランボーは戦争のトラウマがまとわりつき人を殺すことが仕事だったランボーは帰ってきても何をしていいかわからない

戦友もいなくなり孤独になってしまった

ただの映画ではなく戦争の怖さ

戦争が終わっても苦しみ続けた人もいるということ

ラストのランボーが心の中の気持ちをぶつけるシーンが切ない

ぜひ見てほしい

ランボーという映画のイメージが変わるかもしれない

 

 

(ネタバレ注意!!)スパイダーマン・ホームカミング 感想

f:id:babel1107:20170816024150j:plain

スパイダーマン・ホームカミング

監督 ジョン・ワッツ

脚本 ジョン・フランシス・デイリー

 

あらすじ

15歳のピーター・パーカーはスパイダーマン

部活のノリで街を救う

そんなピーターの能力を見出し真のヒーローとしての道に導こうとするトニー・スターク

新しいスーツを作ってもらい興奮するピーターは自分の力を認めてもらうため街に飛び出す日々

そんなある日巨大な翼で飛行する怪物が街に現れた

スタークにアベンジャーズに任せておけと止められるがピーターは忠告を聞かず戦いに挑むことに・・・

 

MCU参戦

今回のスパイダーマンMCUになりました

シビル・ウォーの続きからはじまりアイアンマンがでてくるなど今までのスパイダーマンの映画とは少し違います

スーツからすべて新しい

ホームカミングのスーツはいろいろと機能が付いておりアイアンマンのようなスーツです

目が動いたりと新しいことばかりで今回の敵「バルチャー」も映画初登場です

新しいスタートを切ったスパイダーマンに今後注目です

 

 高校生のスパイダーマン

これまでの映画のスパイダーマンは大学生でしたが今回は高校生

若い!(笑)

トムホスパイダーマンもいいです!

 映画初のバルチャーそして、バットマンからバルチャーに・・・

敵のバルチャー役はマイケル・キートンです

ティムバートン版バットマンバットマン役をしていました

あして今回は悪役になりました

ヒーローであったマイケル・キートンの悪役もよく面白いです

 

またバルチャーはサム・ライミスパイダーマン4に登場予定でした

打ち切りになりアメイジングを超え今回待ちに待ったバルチャーが登場です

 感想

思ってたより面白かった!MCUに入るということで不安しかなかったけど普通に面白いね

でもビルとビルをすり抜けるアクションなどがなく少し物足りない

MCUとしては面白いけれどスパイダーマンとしては微妙

スパイダーマンの良さが消えている

 

また今回の悪役バルチャーが完全にメカ

グリーンゴブリン見てるみたい

 

結論、僕はサム・ライミスパイダーマンが好きです