8mile ラップの神様

今回は一度は見たことがある

有名なバトルシーンがある8mileです

この映画はエミネムの半自伝映画です

 

エミネムとは

1972年10月17日 生誕

 

特徴

歌詞の中に散りばめられた韻

早口でありながら滑舌が良い

 

韻がとにかく多いです

細かいところにも散りばめられておりパズルのようなラップです

f:id:babel1107:20161109221715j:plain

 

あらすじ

主人公のジミーはミシガン州デトロイトで生活

そこには境界線8マイルロード

都市と郊外そして白人、黒人を分けるラインにもなっていた。

貧民街に暮らすジミー(エミネム)は貧しい母子家庭で幼い妹の面倒を見なければいけない

その時心の思うままにリリック(歌詞)を書いていた

そしてラッパーとして認められるためにヒップホップクラブ シェルター でラップバトルに挑む

黒人が有利な状況で白人のジミーは勝てるのか

 

自伝映画のためほとんどが真実

エミネムは黒人が多く住む場所で子供の頃過ごしていました

その中自然と黒人の文化であるヒップホップにハマっていきました

本格的に活動を開始した時から黒人社会の世界に白人のエミネムは入りました

 

HIPHOPは黒人の文化であり白人がやることではない

世間ではそう見られていました

しかしエミネムはその状況をひっくり返したのです

 

1997年 ラップオリンピックで準優勝を果たす

その後 ドクタードレーのレーベル「アフターマス・エンターテインメント」と契約

1999年 メジャーデビューを果たす

 

こうしてエミネムは世界で有名になったのです

 

映画「8mile」で描かれるのはリアル

ラストバトルはとにかくクール

自分を認めることで人生の風向きは変わるんですね