スパイダーマン サム・ライミ版 まとめ

f:id:babel1107:20170501012055p:plain

スパイダーマン

今回紹介する映画はスパイダーマンです(サム・ライミ版)

全三部作で完結し実写化不可能という壁を破りました

敵もシンプルなものが多く敵のキャラに引き込まれます

ヴィラン

今作で登場するヴィラン

グリーンゴブリン

ドクターオクトパス

サンドマン

ヴェノム

です

サム・ライミ版で登場するのは初期のキャラが多いです

その中でサンドマンの再現度はすごかったです

ヒーローの苦悩

スパイダーマンではピーターが悩むシーンが多くあります

ヒーローとは一体何なのか

ピーターはヒーローをやめる決断をします

友達関係など私生活にも影響がありました

ホラー

サム・ライミ監督はホラー映画の監督をしていました

代表作死霊のはらわたなどの監督をしました

そのためスパイダーマン2ではホラーシーンが少しあります

打ち切り

スパイダーマンは6部作の予定だったそうです

スパイダーマン4は製作される予定だったのですが満足する脚本が作れなかったということで打ち切りになりリブートされました

脚本の問題よりも映画会社ともめたのが問題だと思います

スパイダーマン3で突然ヴェノムが登場したのは人気キャラでグッズが売れたりとそこを狙って登場させるように会社が監督に指示したという噂もあります

スパイダーマン

スパイダーマン3はヴェノムを登場させたりサンドマン、ハリーなど多くの敵キャラを出しましたがごちゃごちゃしてて面白くないと思う人も多いのです

サム・ライミ監督もスパイダーマン3は満足した出来ではなかったようです

スパイダーマン4(打ち切り)

製作予定だったスパイダーマン4の敵はヴァルチャーだったそうです

ピーターの父親はヴァルチャーという設定で出す予定でした

ブルース・キャンベル

スパイダーマンの三作すべてにブルース・キャンベルが出演しています

探していて見るのも面白いです

MCU

スパイダーマンがリブートされ制作されたアメイジングスパイダーマン

2作で完結しましたがこちらも打ち切りです

その後MCUに参入しました

シビル・ウォーで初登場

 

 

ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ 美しき悪魔

 

f:id:babel1107:20170210212322j:plainf:id:babel1107:20170210212314j:plain

 

物語

 ある日事件が起きる

汚い刑事は殺人現場から箱を持ち帰った

箱をいじっているとその箱は動き始めた

その日から幻覚と殺人が続いた

殺人が最も近しい人物になったときピンヘッドは地獄を与える

美しい悪魔

今回紹介するヘルレイザーは5作目であり1~4の設定を一からスタートしたものになります

グロさは少なく主人公の汚い刑事が精神的に追い込まれていく姿を描いています

今までとは違い痛みよりも精神の痛みでピンヘッドが主人公をいじめていきます

痛みとは?

今回の作品はほかのシリーズと異なりスプラッターからサスペンスにテーマが変更されています

そこで思ったのです

痛みとは?

いつもなら主人公たちがピンヘッドたちに鎖やフック、チェーンなどが飛んできます

しかし今回は主人公がひたすら精神世界で追い込まれていき最後は発狂して終わります

1~4が好きな方(スプラッター)にはおもしろいとは感じない方が多いと思いますが個人的には美しさと奇妙な世界を描いた作品が好きなのでおもしろかったです

IT(スティーブンキング)と似ている部分もあります

ピンヘッド

今回はラストにピンヘッドが出演します

ピンヘッドは地獄や自身の行いが悪いとかいろいろ話すのですが・・・

パズルを解いたものは地獄から逃げることはできない

そういったメッセージなのかもしれません

結構深いです

おわり

それでわ!

 

ヘル・レイザー ピンヘッドまとめ

f:id:babel1107:20170202204854j:plain

ピンヘッド

ピンヘッドとはヘルレイザーという映画にでてくるキャラクターです

痛みを快楽としパズルを解いたものには痛みをくれるという結構設定が謎なキャラです

しかしそこにカリスマ性がありホラー映画の中には一番人気と言ってもいいぐらいです

しっかりとした動機があるのでストーリーもなかなかです

シリーズ

ヘル・レイザー

ヘルレイザー

ヘルレイザー

ヘルレイザー

ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ

ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア

ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン

ヘルレイザー ヘルワールド

ヘルレイザー レべレーション

ながすぎる

なんといってもヘルレイザーシリーズは鬼のように長いのです

全作揃えるのは難しいです

ちなみにBOXになってるのは1~3のみです

1~2で一応完結しましたが人気を振り切れずマンネリ化することになります

私が思うに1~4とゲート・オブ・インフェルノを見ればいいと思いますね

迷走

ながすぎるのでマンネリ化はするものですがマンネリ化というよりもジャンルが変わったんです

スプラッターからサスペンスになります

なので1~4以降の作品は面白くないといわれることが多いそうです

ちなみにヘルワールドではスプラッターに戻ります

謎のリメイク

レベレーションはリメイクに近い作品です

そしてピンヘッド役の人が変わってるんです

なんとなんとぽっちゃり体系なんです

目も違うし…・・・・

なぜ作ったのかわかりません

ホラーのリメイクは成功しませんね…

 見ないことをお勧めします

 謎の人気

なんといっても人気がある

ホラーが嫌いな方でもピンヘッドを知ってる方は多くいます

そのためDVDの値段も高いのです

権利の問題かもしれませんけど・・・

 謎のDVDBOX

完全版とか言いながらヘルレイザーはBOXを多く出しました

しかしなぜか1~3までなんです

権利の問題なのか監督のこだわりなのかわかりませんが全8作で出してほしいです

せめて1~4だしてください(笑)

深い

ヘルレイザーは普通のホラーとは違うのです

多くのメッセージがあるそうなんです

私が見て思ったのは苦痛は快楽の一部であること

おそらく有名な言葉だと思います

快楽を得るために苦痛を耐え抜きその先にあるのも快楽という名の苦痛でしょう

そう思うと哀しい作品だと思いました

個人的な考えですけどね(笑)

クライブ・バーカー

ヘル・レイザークライブ・バーカー原作です

ヘルバウンド・ハートというのがヘル・レイザーの原作です

そのほかにも「血の本」というシリーズの小説から数多く映画化されました

ヘル・レイザーの監督がなぜクライブ・バーカーかというとヘル・レイザーの前に公開された映画がクライブ・バーカーが描いた世界とは違ったので自らが監督になったらしいです

よくある話ですね

スティーブンキングのシャイニングもそうでした(スティーブキング版シャイニングが存在します)

未公開シーン

ヘル・レイザーはあまりのグロさにカットされたシーンが数多くあるそうです

そのほかにもピンヘッドが医者のコスプレをしているシーンなどがあるらしく最近発売されたヘルレイザーのBOX(3万円ぐらいだったかな?)に特典として収録されているらしいです

気になった方は調べて買ってみるのもいいかもしれません

おわり

それでわ

ありがとうございました。

ヘル・レイザー 究極の痛みは究極の快楽

f:id:babel1107:20170202204854j:plain

痛みは快楽

今回紹介するヘル・レイザーは一作目のお話です

ピンヘッドの解説などは後日上げようと考えています

ざっくり説明すると痛みを快楽と感じる魔導士の一人がピンヘッドでした

いろいろと痛みを味わう方法があるらしくピンヘッドは釘だったみたいです

本作のにはウジ虫が登場しちゃいます

ご飯を食べながら観ていた私もさすがに・・・

ご飯は食べずに見ましょう

パズル

ストーリーは快楽を求めていた男がパズルをといた

その時彼は体を失ってしまいます

そこには痛みがまっていました

痛みを快楽として受け入られなかった彼は逃げ出し人間界に戻ります

しかし彼は皮膚もなく人を殺し血を手に入れなければなりませんでした

そこに引っ越してきた愛人関係だった女を利用し彼は復活するのでした

なんだかんだありカースティという人物はパズルをゲットし開いてしまいます

そこにはまたもやピンヘッド!

というお話です

ピンヘッドはどちらの味方でもなく独自の見解で動きます

最後に

ピンヘッドてなぜか人気があるんです

ほかのホラーとは比べ物にならない設定とストーリー

そのためお値段が高く全作入手するのはけっこうきついです

どうかお安く販売してください・・・

それでわ!

 

 

 

悪魔のいけにえ レザーフェイスまとめ

f:id:babel1107:20170129164400j:plain

レザーフェイス

レザーフェイスというのは「悪魔のいけにえ」という映画に出てくるマスクをつけたキャラクターです

1947年に公開されたホラー映画初代のです

恐怖の一言に尽きる映画ですごい不気味です

シリーズ

悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえレザーフェイス家の逆襲

悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス

テキサスチェーンソー

テキサス・チェーンソービギニング

飛び出す 悪魔のいけにえレザーフェイス家の逆襲

コメディ?

悪魔のいけにえ一作目はホラーです

しかし二作目以降はコメディ映画と呼ばれることが多いのです

たとえば死霊のはらわた

一作目は血がいっぱい出てきて気分を悪くした方も多いと思います

二作目は血の量は多いです

しかし見ていて「ん?」と思うシーンが多く怖さよりも面白さが前に出てるんです

おそらく悪魔のいけにえは一作目の怖さを二作目に持っていくことができなかったのでしょう

中途半端に怖さを求めるとマンネリ化が進んでしまいます

二作目からコメディに行ったのはよかったと思います

レジェンド・オブ・レザーフェイス

レンタル店で悪魔のいけにえを借りてみたという方も多いでしょう

私もそうです

シリーズが好きな私は一体何作作られたのか調べてみました

すると聞いたこともない4作目が出てきたのです!

題名は「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス

かっこいい・・・と思ったのです

しかしDVDで見たことがありませんでした・・・

なんとDVD版は発売されていませんでした!

ビデオ版のみでしたねw

権利の問題なのか面白くなさ過ぎたせいのかはわからないです

画像検索してレザーフェイスを見たところマツコ・デラックスみたいな恰好をしていましたw

検索してみてくださいw

テキサスチェーンソー

リメイクの作品なんですけどレザーフェイスの設定を一から作り直した作品です

個人的にはやっぱりオリジナル版が一番です

またテキサスチェーンソーの時系列は

テキサス・チェーンソービギニング

テキサスチェーンソー

となっています

飛び出す

飛び出す悪魔のいけにえは時系列がすこし違って悪魔のいけにえ2の話はなかったことにされており悪魔のいけにえ一作目の続きとして描かれています

おもしろいのですが怖いのは前半だけで後半はレザーフェイスを応援していましたw

見てみたらわかります

リメイクの服装

最近気づいたのですが悪魔のいけにえのリメイク版の主人公は同じ服装なんです

f:id:babel1107:20170129205534j:plain

こういう服装

へそ出し?というのかわからないけど

嫌いじゃない(*`艸´)ウシシ

リメイクは不思議な統一感がある

動きやすいからなのかな?

終わり

それでわ!

血のバレンタイン チョコなんていらん!

f:id:babel1107:20170120201421j:plain

f:id:babel1107:20170120201421j:plain

バレンタイン

今回紹介するのは80年代ホラー血のバレンタインです!

期待してなかったのですが想像以上に面白かったので紹介します

バレンタインはチョコをもらうだけではないということを知るでしょう・・・

事件

20年前のバレンタイン 鉱山で事件が起きた

バレンタインのパーティーに早く行きたかった二人は作業は切り上げパーティーに向かった

しかしメタンガスの量を調査し忘れたため鉱山で爆発が起こり数人が生き埋めとなった

6週間後 生存者が発見された

名前はハリーウォーデン

しかし彼は仲間の肉を食べていて気が狂っていた

そのため彼は精神病院に入院されました

1年後退院したウォーデンは事件を起こした2人を殺しパーティーを開いてはいけないという手紙を置いていった

20年後ハートの箱に入った心臓と手紙が送られてきた

パーティーは禁止となったが若者たちが鉱山で開くことにした

ウォーデンはそれを見逃さなかった

そこから被害が増えていくという感じです

ラスト

ラストが衝撃だったのでここではネタバレしないようにしようと思います

ただ瞬間移動を発動しているので犯人を見つけるのは一苦労でした

カットされているシーン

実はこの血のバレンタインは一部シーンがカットされています

なぜかというと単純にグロすぎるという理由です

心臓をえぐりだすシーンや首に穴?を開けるシーンなどなどかなりの多くの部分がカットされています

DVDが発売されましたがやはりそのシーンはカットされており海外で販売されている血のバレンタインを買わなければなりません

 

 

13日の金曜日 ニューヨークに行く

f:id:babel1107:20170102222914j:plain

ジェイソンニューヨークにいく

今回の作品は個人的には面白くなかったです

まず復活の仕方がすごい雑でした

電気ショックで蘇るという意味の分からない復活

そこからなぜか湖に船を出していた若者がなぜかホッケーマスクを持っていて復活したジェイソンが湖から復活し船に乗り込みホッケーマスクを取り若者を殺しました

そこからなぜかニューヨーク行きの船に乗り込み殺しに行きます

ニューヨークの部分が少なすぎる

ニューヨークへ とか言ってる割には物語の中で30分ぐらいしかなく地下鉄に侵入するぐらいでした

また今回のジェイソンは狙った人しか殺さずそのへんもジェイソンぽくありませんでした

またニューヨークにはいったあと飲食店でジェイソンが暴れるのですがそこにいる俳優が次回作のフレディVSジェイソンのジェイソン役です

終わり方が雑

最後になると下水道みたいなとこに逃げて化学物質をジェイソンにぶっかけます

そこでひるんでるジェイソンから逃げる主人公二人

そこで毎日ある化学物質的なものが下水道に流れ始めジェイソンはそれをくらいました

そしてジェイソンは死ぬのですがなぜかジェイソンの死体は子供になっていました

瞬間移動の達人

今作で目立ったのは瞬間移動ですね

船の上に逃げたのに下を見たらそこにはもう上ってきていたジェイソンが!とかジェイソンから逃げてる途中に建物に入りに二階に行くとそこにはもうジェイソンがいた!とかやばかったです

感想

意味が分からん

これはダメだなと思いました

それだけです・・・・・

それでわ!