血のバレンタイン チョコなんていらん!

f:id:babel1107:20170120201421j:plain

f:id:babel1107:20170120201421j:plain

バレンタイン

今回紹介するのは80年代ホラー血のバレンタインです!

期待してなかったのですが想像以上に面白かったので紹介します

バレンタインはチョコをもらうだけではないということを知るでしょう・・・

事件

20年前のバレンタイン 鉱山で事件が起きた

バレンタインのパーティーに早く行きたかった二人は作業は切り上げパーティーに向かった

しかしメタンガスの量を調査し忘れたため鉱山で爆発が起こり数人が生き埋めとなった

6週間後 生存者が発見された

名前はハリーウォーデン

しかし彼は仲間の肉を食べていて気が狂っていた

そのため彼は精神病院に入院されました

1年後退院したウォーデンは事件を起こした2人を殺しパーティーを開いてはいけないという手紙を置いていった

20年後ハートの箱に入った心臓と手紙が送られてきた

パーティーは禁止となったが若者たちが鉱山で開くことにした

ウォーデンはそれを見逃さなかった

そこから被害が増えていくという感じです

ラスト

ラストが衝撃だったのでここではネタバレしないようにしようと思います

ただ瞬間移動を発動しているので犯人を見つけるのは一苦労でした

カットされているシーン

実はこの血のバレンタインは一部シーンがカットされています

なぜかというと単純にグロすぎるという理由です

心臓をえぐりだすシーンや首に穴?を開けるシーンなどなどかなりの多くの部分がカットされています

DVDが発売されましたがやはりそのシーンはカットされており海外で販売されている血のバレンタインを買わなければなりません