「まとめ」ロッキー

f:id:babel1107:20170617210324j:plain

ロッキー

1976年 アメリカ映画

監督 ジョン・G・アヴィルドセン

脚本 シルヴェスター・スタローン

 

第49回 アカデミー賞

作品賞

編集賞

監督賞 を受賞

第34回 ゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)も受賞した

 

続編のロッキー2も公開、その後シリーズ化する

 

スタローンがスターの道を突っ走るきっかけを作った作品

 

ロッキーが誕生した日

ロッキーの脚本は3日ほどで完成したといわれている

王者モハメド・アリvsチャック・ウェップナーの試合

挑戦者のウェップナーは王者の前で倒れることもなく戦い王者をダウンさせた

最終的には王者の勝利で試合は終わったがウェップナーの闘いが注目されるという結果になった

スタローンはその試合を見て脚本を書き上げた

 

脚本を持っては映画化の交渉を進めた

買い取るっと言った者は多くいたがスタローンは自分を主人公ロッキーとして出演さしてほしいというと却下

これが何回か続いたという

 

その後、多くの条件付きで撮影がスタートした

 

スターへの道

ロッキーは数多くの苦労が詰まった作品である

低予算のため試合シーンを終→始 といった方法で撮影され(メイク費用がかかるため)

本来撮影するシーンも撮れなかったりしたという

 

試写会は多くの人が集まり映画が終わり外に出ると拍手をされた といったエピソードもあるほど高い評価を受けアカデミー賞を受賞

スタローンはロッキーとともにスターの道を駆け上がったのであった

 

続編の制作とベストキッド

ロッキーは成功をおさめ続編の制作が始まった

そして

1979年 ロッキー2は公開された

f:id:babel1107:20180308162114j:plain

監督、脚本、主演、全てスタローンがおこなった

アポロとの再戦とボクシングシーンで高い評価をえたものの前作を超えることができず一部批判の声もあった

 

一作目の監督をしたジョン・G・アヴィルドセンはボクシングを空手に変えた「ベストキッド」を制作した(1984年公開

f:id:babel1107:20180308162042j:plain

 

シリーズの運命

スタローンはさらに「ロッキー3」を制作した

1982年に公開され

監督、脚本、主演、も前作同様スタローンだった

完結篇として制作されロッキー像、ミッキーの死、アポロの友情

など数多くの要素がいれられている

f:id:babel1107:20180308162419j:plain

僕はロッキーシリーズの中でも3は大好きです

アポロとの共闘が最高でした

 

しかしロッキー3からスタローンへの批判も高まっていきました

マンネリ化であったりロッキーの描き方が変わったと・・・そして・・・

 ラジー賞

1985年公開「ロッキー4/炎の友情」

f:id:babel1107:20180308164915j:plain

ストーリー性を消し去りエンターテインメントに徹した作品

メインテーマ「バーニングハート」が使われたことでも有名

アポロの死を背負い宿敵ドラゴと闘う

 

収入的にはかなり良かったのだが

ラジー賞にノミネート&受賞

スタローンがラジー賞の常連となってしまう

そして完結へ

1990年公開「ロッキー5/最後のドラマ」

f:id:babel1107:20180308165138j:plain

監督は一作目を作ったジョン・G・アヴィルドセン

パンチドランカーにより試合ができないロッキーが弟子のトレーナーとなり闘う最終章

ロッキーはリングに立たずストリートファイトで終わったため批判が多くあった

この作品もラジー賞にノミネート、収入的にもシリーズ最低の結果を残してしまう

 

雰囲気は一作目のロッキーに戻り僕は好きです

 

ながいロッキーに終止符が打たれた・・・はずだった

 

新しいロッキー

2006年「ロッキー・ザ・ファイナル」公開

f:id:babel1107:20180308165509j:plain

スタローンが自ら監督をした新のロッキー最終章

人生とは何か、何のために戦うのか

ロッキーの人生のすべてが詰まっている作品です

僕はこのロッキーが一番好きです

 

5の続編と思われがちですが一部の設定が変更(パンチドランカー)されているため続編ではなくスピンオフといった作品

 

クリード復活

ロッキーは完結しましたが2015年に公開された「クリード・チャンプを継ぐ男」

で復活しました

f:id:babel1107:20180308171251j:plain

ライアン・クーグラーが監督しアポロの息子アドニス・ジョンソンがロッキーとともに戦う物語です

結果は批評家から絶賛を受け成功を収めました

制作秘話は色々ありますが実際どれが真実かわからないのでここでは書きません

 

そして続編のクリード2の計画もできました

当初監督はスタローンであったが世代交代的な意味を含め新人監督に交代

クリードvsドラゴの息子といった激熱展開

 

期待が高まります

 

ブラックパンサー

クリードの監督、ライアン・クーグラーMCU作品のブラックパンサーに参加

タッグを組んでいるマイケル・B・ジョーダンも悪役として登場し話題を呼びました・・・

終わり

僕の大好きな作品「ロッキー」をまとめてみました

何のために戦うのか

それがロッキーシリーズのテーマだと思います

愛のため、敵のため、師匠のため、友のため、家族のため、自分のため

 

スタローンとロッキーのタッグは間違いなく最高です

 

Twitter@666_Damien1