ブラック・レイン・を広めよう

ブラック・レイン

監督リドリー・スコット

脚本・クレイグ・ボロティン

            ウォーレン・ルイス

 

キャストマイケル・ダグラス(ニック)

                  高倉健(松本)

                  アンディ・ガルシア(チャーリー)

                  松田優作(佐藤)

 

 

 

1989年公開のアメリカ映画

マイケル・ダグラスアンディ・ガルシアという豪華なキャストに加え、高倉健松田優作という日本の俳優も加わった超豪華映画

松田優作の遺作である

 

タイトルのブラック・レインは黒い雨を表す

これは戦争でアメリカが空襲を後に降った雨

作中でも語るが悪役の佐藤を表す1つの表現となっている

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずこの映画は大阪で撮影されました!

なのに....

 

知名度低い!!!

ブレードランナーより低い!

邦画離れ!?なの!?ダメだよ!!

高倉健松田優作だよ!?

 

ということで広めていこうという活動を開始しました

 

この映画の魅力を語っていきます

ネタバレなしです。

 

 

1.物語

まず物語は刑事もの

 

ではあるものの異色の刑事ものです

ニューヨークでヤクザ佐藤を逮捕したニックは彼を日本に届けることになりました

しかし日本で待ち受けていたのは佐藤、ヤクザと刑事の戦いでした

 

ニックは相棒のチャーリーと共に日本に滞在し佐藤を追うというものです。(佐藤脱出劇は内緒)

日本で捜査を行う2人は外国人ということもありあまり協力させてもらえないのです

日本で刑事の仕事をするのが難しいこと、言葉が通じないのはとても辛い状況です。

その中で言葉の通じる松本と行動する2人

いいです。とても。

 

2.リドリー・スコットの描く日本

日本で行動する2人はアメリカとの文化の違いが壁となります

正しい日本なのです。

よく海外で描かれる日本は何か違うものがあります。

和風すぎるというか...間違った和風ですよね

今作は大阪でのロケもあり日本で撮影されたもの

正しい日本を伝えることができていてよかったです!

 

3.お箸

これはただ僕が好きなだけ()

アンディ・ガルシアがお箸でお弁当を食べるシーンが好きです(笑)

マイケル・ダグラスもお箸でうどんを食べます

 

4.松田優作の命を削った演技

この映画を支えてるのは間違いなく松田優作です

彼の演じる佐藤は狂気を身にまといとても魅力のある悪役です

 

松田優作はハリウッドデビューが決まったときに癌が発覚しました

癌であることを隠し薬で痛みを止め撮影したそうです

 

映画公開一か月後松田優作さんは亡くなりました

 

その後多くのハリウッドオファーがあったことが明かされています

彼の鬼気迫る演技は素晴らしく日本を代表する俳優です

 

5.漢の熱いドラマ

この映画は熱い漢のドラマでもあります

ニックと松本の共闘はとても熱くなりました

同じ目的で共に行動する

そして闘う

刑事ものではよくある展開かもしれませんが日米ということがとても良い

ラストは・・・もう・・・( ノД`)シクシク…

 

6.迫力あるアクションシーン!

この映画のアクションは他の映画に比べれば静かである

しかしそれは狂気のように一度に大きく爆発する

「あーながいなぁー」と思ってきたあたりでアクションを持ち込んでくるのでダレることのなくストーリーが引き立つことになっています

深みを増すためのアクションですね

 

まとめ

この映画はとても素晴らしい!

全員の演技が仕上がりすぎている

 

とにかく松田優作の演じる佐藤が一番輝いている

見てるほうも佐藤が見たくてたまらないがチラチラとしか見せないパンチラのような映し方はズルい