フェイス/オフ・入れ替えられた自分。

今回はジョン・ウー監督のハリウッド作品のフェイス/オフについての感想・レビューをしてきます。

フェイス/オフ

監督・ジョン・ウー

脚本・マイク・ワープ

  ・マイケル・コリアリー

f:id:babel1107:20180818141313j:image

この映画は素晴らしかった!

次々と起こる展開が刺激的で期待に応えてくれる映画だった。

 

まず設定がとんでもないのだが...。

刑事とテロリストの顔が入れ替わっちゃいます。

君の名は。のようにはすまないされない展開ですね。

 

入れ替えられた2人

主人公の刑事、ショーン・アーチャーは6年前に遊園地で息子マイケルと遊んでいたところテロリストのキャスター・トロイに狙撃され、自分の命は助かったが息子は銃弾に倒れてしまう・・・。それからアーチャーはトロイを捕まえようとする。

というのがフェイス/オフの重要な人間関係と設定です。

 

6年後、アーチャーはトロイを追い詰めおなじみのメキシカン・スタンドオフを発動。

見事トロイの逮捕に成功したのでした...。

しかしトロイはまだ爆弾を仕掛けていた。

アーチャーはその事実を知るとトロイに負けないように捜査を進める。がトロイは昏睡状態でありトロイの仲間から聞き出すが手に入った情報は日付のみ。

そこでトロイを知り尽くしたアーチャーが顔の皮を移植し、トロイになりすまし、監獄で情報を手に入れようとする極秘ミッションを勧められる。

極秘ミッションということで家族にも仲間にも事実を伝えることができない、実質騙すことに罪の意識や精神的な苦痛などを受けるが覚悟を決め、ミッションに移ることに・・・。

 

移植した直後は自分の顔が憎いトロイになっていることで精神的に崩れる。

しかし強い意志でトロイになりすましたアーチャーは監獄で情報を手に入れることに成功。

「よし!やった!」と言わんばかりの自信満々の顔で面会を求めるが、そこに現れたのはアーチャーの顔をしたトロイだった。

f:id:babel1107:20180818141327j:image

絶望感が異常...。

アーチャーは爆弾の設置されている場所を知り、ミッションを終えたと思ったら・・・面会で自分の顔をした奴がでてくるんですよ!?

この絶望感はすさまじかった。

自分は一生監獄で相手は刑事。もう君の名は。ではすまされないこの状況。(二回目

しかし

ここから俳優たちの演技が素晴らしかった!

刑事のジョン・トラボルタとテロリストのニコラス・ケイジ

彼らは善と悪の演技をチェンジするわけです。

冒頭で正義感強い刑事を演じたジョン・トラボルタが顔交換後、冒頭ではテロリストのクソ野郎ニコラス・ケイジの演技と全く一緒なんです!

これはニコラス・ケイジも一緒!正義感強い顔つきに変わりました

つまり彼らの演技も交換されたのです!

思わず声で出ました「演技うま・・・」

f:id:babel1107:20180818141428j:image

 

そしてジョン・ウー監督の特徴がよく見える映画でもあります。

香港時代でおなじみだった演出やメッセージ性がハリウッド作品のフェイス/オフでもよく出ています。

教会で鳩が飛んで銃撃戦になる演出。鳩は銃撃戦の前によく登場します。これを使った代表的な作品は「狼/男たちの挽歌・最終章」ですね。(挽歌とは何の関係もない作品)

もちろん銃撃戦は二丁拳銃。

f:id:babel1107:20180818141345j:image

 

それからメキシカン・スタンドオフ。銃を向けあう演出ですね。

f:id:babel1107:20180818141405j:image

さらに家族愛。

アーチャーは親子愛、トロイは兄弟愛ですね。

さて終わりも近づいてきたのですが、この映画のテーマは自分自身の証明というものらしいです。

顔が入れ替わった後、アーチャーが鏡に写るトロイの顔を見て自分を見失わないようにしているシーンが印象的でした。

f:id:babel1107:20180818195517j:image

こういったアクション以外でも愛のある映画でとても素晴らしい映画です。

 

filmarks.com

あとこの映画を観終わってから知ったのですがニコラス・ケイジってコッポラファミリーなんですね。

叔父に映画監督のフランシス・フォード・コッポラだそうです。

映画一族なんですね!では!

バトル・ロワイヤルⅡは進み方を間違えた。

すべてのオトナに、宣戦布告。

という強烈なインパクトを残すキャッチコピー

これはバトル・ロワイヤルⅡ・鎮魂歌[レクイエム]という映画に使用されました。

有名な作品ですが一応説明を

これは深作欣二監督の「バトル・ロワイヤル」の続編として製作されました。が深作欣二監督は製作発表の段階でガンであることを明かし「この闘いで生涯を終えようとも、一片の悔いもない。」というメッセージを残し製作中に惜しくも亡くなってしまいました。

意思は息子の深作健太監督が受け継ぎました。

 

僕は「バトル・ロワイヤル」という映画は予想の遥か上を行く面白さを感じました。

一人一人のキャラクター性や、1つの言葉でバトル・ロワイヤルの物語が生まれて行ったり、監督のメッセージ性が観ているうちに刷り込まれて、悲しい気持ちと忘れてはいけない歴史を教えてもらいました。

本当に名作です。

が、この続編のⅡは・・・作るべきではないと思いました・・・。

はっきり駄作です。何も超えれず新しいことはなかったです。

今回はその理由を書いていきます。

 

今日はちょっとみんなに戦争をしてもらいます

というのは今作バトル・ロワイヤルⅡのゲームです。

今度は戦争だ! 

という言葉も予告編に出てきており、前作とはゲームが全く違うものとなっています。

続編としてはスケールをより大きくしようとしているのはわかりますが、その相手がまさかの七原。

なんで!?って思いましたね。彼らはBR法国家に立ち向かうテロリストとなっており、今回のゲームに参加させられた生徒は七原の率いる軍団と戦争をしろ。というのです。

いやなんで・・・ってなりますよね。

そしてラストにはオトナ、コドモどちらとも何と戦っているのか、何のための戦争なのかわけわからないです。脚本が雑すぎると感じます。

コドモvsテロリストがコドモ&テロリストvsオトナとなってしまいます。

なんで!?!?!?!?

説明ができないくらい意味が分からないです。この設定が基本的につまらない。

 

アクションとカメラ

戦争ということもあって島への上陸から始まります。

上陸する前にスナイパーとかでバンバン撃たれていくんですね。あ、説明し忘れた。

ルールがクソ

今回は2人組となっていて1人が死ぬともう一人も首輪が爆破されて死にます。

どんどんどんどん人数が消えていく中で、前作はキャラクターとして成り立っている人が多く「あ、消えちゃった・・・。」と観ている側も悲しくなることがありますが、今作はキャラクターとして薄い人間が集まっているため消えても何とも思えないんです。命の重さが分からない。それも前作の倍以上のスピードで死んでいってしまうのに・・・。

アクションとカメラ 

はい。戻ります。

何とか上陸できた数名も地へと足を踏み入れ戦場へ投げ出されるわけですが、ドーン!と割と派手なアクションがいくつか存在します。

爆破や銃撃戦・・・しかしよく見るとなかなかチープ。そこまではいいのですがごまかすようにカメラがブレてブレて何を映したいかよくわからない上に飽きる。

ほとんど画面があらぶっています。人によっては酔うと思います。

まとめ

中学生が銃を持って人を撃っている。というのは考えにくいものですが歴史上には存在しています。深作欣二監督はこれを基盤に「バトル・ロワイヤル」という映画を作ったのだと思います。

しかし「バトル・ロワイヤルⅡ」はそのメッセージをより大胆にみせてしまい、大切な部分が薄くなり人間ドラマも前作より安っぽい。命の重みや一人一人の個性はどこにいったのか。

コドモを継続的に主役に置き、注目し続けた結果オトナの考えがよくわからないままだ。

 

ストリートのリアル・KIDS/キッズ

今回はあのラリー・クラークが監督した衝撃の作品「KIDS」が再販されるということで少しまとめ的な感じのをやっていきます!

 

まずは監督と脚本

監督・ラリー・クラーク

脚本・ハーモニー・コリン

            となっています。

この監督と脚本のコンビはまずとんでもないです。

ラリー・クラーク

ラリー・クラークはかなり有名ですね

KIDSに関しては映画監督をしていますが、写真家としての彼を知る人のほうが多いかもしれません。

彼の撮った写真は人々に衝撃を与え、映画監督の仕事をしている方にも影響があったともいわれています

 

ハーモニー・コリン

映画作家ともいわれる人物

19歳の時に「KIDS」の脚本を書き上げ注目を浴び、後に映画監督としてもデビューすることに...。

KIDSの姉妹作ともいわれる「ガンモ」が有名になりました。

 

映画

KIDSはこの2人がメインで作られることになりました

ハーモニー・コリンは当時19歳!

19歳でKIDSの脚本を書き上げたのです・・・すごい・・・

で映画のお話としては中身があるというものではなくリアルを映し続けた動画であり、写真とはまた別の感覚を味合わせてくれます

 

このKIDSで映し出されるリアルとは1990年代を舞台にし、セックスやドラッグなどを行う10代を映し出すものです。

その中でもHIVが描かれていたりと公開当時は論争を巻き起こしたそうです。

その結果は芸術面で評価する人とあまりにリアルすぎるなどと言われたそうで・・・。

 

なぜこのタイミング?

そして一番の疑問はなぜこのタイミングで再販に至ったのか・・・

もともとKIDSはVHS、DVDで出ましたがレンタルしようにもほぼ存在しませんでした

長い間姿を消していたのです

 

なのに今・・・ というとやはりHIPHOPの影響が大きかったのでは・・・と思っています

日本語ラップという文化が最近波に乗っていてHIPHOPの映画というものが大変注目を浴びています

代表的なもので言えば2PACが出演している「Juice」やアイスキューブの「Friday」

この中にストリートのリアルを描いた「KIDS」もここ最近注目されていました

HIPHOPはストリートの文化ともいわれていますからね

JuiceやFridayもVHSだけでレアなのでぜひBlu-rayを・・・というのは置いといてまぁ注目されていたんです

しかーしDVDはすでに廃盤

相場で言えば1.5~3万円あたりです

これじゃ手は出しにくいですよね

そこでありがたいことに今回は5千円ほどでBlu-rayで視聴できます!

もちろんDVDでも再販されます!

 

 

太陽を盗んだ男・あらすじ編

長谷川和彦監督は70年代に2本の映画を監督し、その名を残した伝説的な人物。

その2作は「青春の殺人者」と「太陽を盗んだ男

若くエネルギッシュな雰囲気とパワーを感じる映像を貫いた

今回は「太陽を盗んだ男」をおすすめしていきます。

 

太陽を盗んだ男」というタイトルには衝撃を受けるがそれ以上にこの映画の内容はぶっ飛んでる。

f:id:babel1107:20180726103438j:image

まず主人公となる人物は城戸誠(沢田研二

中学校の理科教師をしている周りからはつまらない男、というイメージを持っている

しかし彼はなんと自宅で原爆を作ろうとしていた。

プルトニウム原子力発電所から盗み出し、ついに完成までもさせた。

 

そしてもう1人の主人公と言っていいのかな・・・?

城戸から見て敵となる山下警部(菅原文太

実は城戸は以前に生徒と共にバスジャック事件に巻き込まれていた。

その時に助けてくれたのが山下警部

城戸はこの山下に異常なほど執着するようになる・・・

 

映画全体を盛り上げてくれるのはこの2人

原子爆弾を作り上げた城戸は偽物の原爆を国会議事堂において政府を脅す

交渉相手に山下警部を指名し、2人の奇妙な関係は終盤までも続く

城戸は原爆を使って脅す内容は小さなもので、原爆のもつ脅威とは程遠いもの

プロ野球のナイターを試合最後まで見せろ!」とか

 

城戸自身で爆弾の使い道に悩んでいるときにラジオDJの沢井零子に目を付け、この事件に巻き込んでいく

沢井零子がこの映画のヒロインに位置する人物になる

 

とネタバレなしではここまで全体のあらすじです。

 

見どころ

まずはアクション

かなり本格的で洋画のクオリティと比べていいのかわからないがとにかくすごい!

時代なんだろうけどパワーを感じる

 

ストーリーはもう原子爆弾を日本で作っちゃうなんてぶっ飛んでいる話ですが長い間平和を暮らしてきた人間にとって突如現れた核保有国9番目の男はどう映るのか

もちろん警察は政府も脅されているわけですし原子爆弾を持っていると知ったなら逮捕しなければいけないし緊張感はあります。

危険と隣り合わせの仕事ですし

 

でもただ原爆を作った城戸は一般人

危険も知らず逆に言うと平和というものに目をそらし、それを当たり前のように生きてきた人間です

彼はこの爆弾の脅威を理解していないように僕は思います。

原爆を使った脅し方とは思えない。

むしろ城戸は原爆を作り原爆に振り回された男です

この辺が映画を見てると感じる恐怖ですね

映画の最後の顔をじっくり見てもらいたいです・・・

 

 

ギャレゴジという名のゴジラ

世界が終わる、ゴジラが目覚める。

 

ギャレゴジとは・・・

ハリウッドでリブートされた2014年公開の「ゴジラ

監督はギャレス・エドワーズ

怪獣映画のクロスオーバー作品であり、モンスターバースの第一作目である

どっかのイグアナみたいな恐竜とは別のハリウッドゴジラ←ここ重要

 

今のところ、モンスターバースは2作製作されており、3作目の「ゴジラ・ キング オブ モンスターズ」は予告編が公開、2019年公開予定

 

ギャレス監督のゴジラ

ということで今作のゴジラは約10年ぶりの最新作となり、世界のゴジラとなりました~!

一度はハリウッドでゴジラという名のイグアナ恐竜が世界を驚かせ話題となりました

それから16年後にハリウッドで復活を果たしたゴジラ

通称・ギャレゴジはとても面白かった!

 

もともとゴジラは日本で生まれ核というメッセージを背負っている「怪獣」である。

核というメッセージと、怪獣という生物、この2つをハリウッドで作ることは難しいものだと思うし、このギャレゴジを観終わった今もそう思う。

アメリカがゴジラを扱うことはとても難しいものだろう。

日本を核を落とされた国であるが、アメリカは核を落とした国だからだ。

 

しかしギャレゴジはその部分がとてもよかった!

なんと言ったってギャレス・エドワーズは本家ゴジラのファンだからだ!

原子力による描写や核、水爆といった映像も多く、見ている僕たちに自然とこの世界で行われた過ちを記憶に刻ませ、ゴジラ、ムートーといった怪獣をその出来事の像として映し出すのだ。

決してただのモンスターではない、イグアナのようなものではない「ゴジラ」としての役目を持った存在になったことがとてもうれしい

ただ完成品はもう少し長くて上映用にカットするシーンが生まれてしまい、重要であった人間関係や、その背景が無くなったといわれている

途中カットが不自然なシーンもあるのが惜しい

 

モンスターバースへ

そしてそして今回のギャレゴジはモンスターバースというクロスオーバー作品に進出しました

流行りに乗った感満載ですが・・・

今のところ公開されているのが

 

GODZLLA ゴジラ・2014

キングコング 髑髏島の巨神・2017

今後公開予定なのが・・・

ゴジラ・キングオブモンスターズ・2019 予告編公開中!

www.youtube.com

 

キングコングVSゴジラ・2020

 

となっています。

 

そして悲報へ・・・。

ギャレゴジ公開後ギャレス監督はかなり注目されました。

その結果と言っていいのかスター・ウォーズのスピオンオフ企画の一発目「ローグ・ワン」の監督が決定し、無事ローグ・ワンは公開されました

大ヒットを飛ばし人気を手に入れましたがギャレス監督は映画制作時に何度も再撮影を行っていたことが明らかに・・・。

この再撮影にディズニー側の要求があったかは全て明らかにしていませんが、ローグ・ワン公開後にギャレス監督はゴジラ・キングオブモンスターズを降板することを発表しました・・・。

あの完璧なゴジラ像を作り、愛に溢れた映画を作ったのに・・・( ノД`)シクシク…

2017年に監督はマイケル・ドハティに決定しました。

もとは脚本のみの参加でしたが、なんだかんだあり監督に決まったそうで。

脚本に参加もしてるし安心といえば安心といった結果になり、予告も面白そうでとても楽しみですね。

 

ちなみにコングvsゴジラの監督はアダム・ウィンガードに決定しています。

ザ・ゲストが最近では話題になりましたね。

これに関しては公開時期や脚本など遅れる可能性もあるとの声も多いため、今のところは仮決定といったところでしょうか。

 

今後のギャレゴジさんの活躍を温かく見守っていきます。

映画ハロウィンから見るユーモアと恐怖の戦い

新作の予告にポスターなどが公開されている「ハロウィン」↓

f:id:babel1107:20180722020158j:image

僕もマイケル・マイヤーズに関しては好きでホラー映画の中では上位に入ります

でも続編いるのかなぁぁぁぁ???っておもいます

予告見ても過去とやってること一緒だし、むしろアクションみたいになってるし

そもそもマイケル人間だろだし・・・

マイケル子供の頃から施設入ってたのに逃走手段は車でどうやって運転の仕方覚えたし....

 

さてさて新作公開ということで予習、復習といった感じで一作目の「ハロウィン」を見る方はとても多いと思います

そこで僕が気になった点が1つあります

それは視聴した方の「怖くない」という意見

 

冷静に考えると主人公なり周りがかなり無能なんですよね・・・

でもそれはこの映画の1つのテーマを理解しにくい時代へと移り変わってるからだと思います

ハロウィンの世界で繰り広げられる殺戮は、周りが住宅街にもかかわらず異質の男が包丁を持って自分だけを狙う、人がいて当たり前の場所で殺されるといった恐怖だと思ってます

公開当時、僕は生まれていないのでわかりませんがおそらく公開当初はとても怖いものでしょう

それはほぼ同時期に公開された「悪魔のいけにえ」が物語っています

 

さて今の時代は皆がスマホを持ち何かあればカメラを向け撮影しする

それは防御でありSNSに広げればユーモアになることもあるからです

ユーモアは最大の武器でもあるわけです

その結果もし今の時代にマイケル・マイヤーズのような男が現れても「変な奴クソワロタ」とSNSに投下されればマイケルにとって悲惨な事態が起きる可能性はとても高い!

そう!リアルで考えればこの恐怖から逃れる方法がとても多く、現実に戻ればクソがつくほど怖くないのだ

 

この結果は新作がいらないという僕の意見とつながります

ホラー映画としてみるんだから怖さを求めるじゃないですか・・?

なのにマイケルのビジュアルが好きでアイドルを追いかけるようにこの映画を見て「クソワロタ」と言われたらファンとして何とも言えない気持ちになるんですよ・・・

アメリカではもちろん現実と映画を比べるナンセンスなことは少ないでしょう

でも日本はユーモアが好きなんじゃ・・・・()

 

だからですね

今の時代に80年代のような「スプラッター・ホラー」を復活させても新規ファンをビビらすホラーを作るのは不可能だと・・・

そこで考えた

今の時代で本気に人をビビらすのはネットのような陰湿でねちねちしたホラーではないだろうか・・・?

  以上!!

バイツァ・ダストと精神力

「正しくはキラークィーン第3の爆弾バイツァ・ダストだよ!」

でお馴染みの吉良吉影

彼のスタンドは静かに暮らしたという願望と承太郎に会いたくない一心で進化したキラークィーン

進化後はバイツァ・ダストと呼ばれたりアナザーワン・バイツァ・ダストとも呼ばれる

5部のレクイエム化とは、また別のものである

恐るべき力を持つバイツァ・ダストの能力はとにかくややこしいため、ここでは簡潔に説明する

1.基本は吉良以外の人間にバイツァ・ダストを設置する

2.設置された人間は無敵になる

3.設置された人間から吉良の情報を聞こうとすると作動

4.吉良の正体を探ったものはその場で強制爆破、時間は1時間前へと戻る

5.設置された人間は1時間前に戻る

6.1時間後運命を変えることができなければバイツァ・ダストで爆破された人間は同時刻に爆破される

 

といった怪物の力を持っている

 

さて5部のアニメ化が決まりジョジョ熱を取り戻した今日この頃

僕はジョジョで1番好きなのが4部「ダイヤモンドは砕けない」です

連載当時は「4部・東方仗助」となってたみたいですね

 

4部で特徴的なのは精神の強さ・心の弱さですね

康一くんと承太郎がシアーハートアタックに立ち向かったときにも「精神的」という言葉を投げかけたりと「精神」という言葉が多いのです

これが好きな理由の1つで3部と比べ4部は「最強」という言葉が似合うスタンドが割と少ない

それは精神力によって強さが変わるから

 

承太郎のスタープラチナを吉良が受け止めたとき「ピッチャーフライをとるみたいに簡単だったぞ?」から気合が入って「オラァ!」と時が止まるような速さで打ち込みます

これを見たとき精神の状態によってスタンドの力は変わるんじゃないかって...

そう思ったのが4部

 

ここで本題なのですが1番精神的に成長したのは間違いなくキラークィーン吉良吉影だな。と

もちろん彼は運を味方にするわけですから強いに決まってる

でもバイツァ・ダストはチートすぎない?

というか状況によって能力変わりすぎなんだよね...

それは心に余裕がある場合バイツァ・ダストは強くなる

精神力によって進化し続けるスタンドではないのだろうか

あくまで憶測だけどね....

 

吉良さんの名言

「いいや限界だ!押すね!」

から「や、やったぞ!発動したぞ!」

と早人を爆弾に変えた時とえらい条件が変化してることはわかります

では限界だモードの前のセリフを見ましょう

 

吉良さん

「来るか承太郎?バイツァ・ダストはお前に出会いたくない一心で発現した能力だ!近づいてこい!時を止めてみろ!何秒止められる?この私をもっと追い詰めるがいい。その限界のギリギリさが再びきっとバイツァ・ダストを発現させるのだ!」

 

とかなりのギリギリプレイを宣言!

この時点で本来の発動条件を満たしていない吉良さんは自分自身も時を戻せるかわかってないと思います

限界...自分を追い込むことの心の余裕を開けることでバイツァ・ダストを作動させようとした

 

まぁこれは夢なんですけど...

 

現実では

「S.H.I.T!」

から

「このクソカスどもがー!」

から

スター・プラチナ ザ・ワールド!」

「オラァ!」

で吹っ飛び救急車に轢かれてしまい終わりと

 

吉良さんが勝てなかった理由としてはこのクソカス宣言によって心の余裕がなくなり諦めに入ったからではないだろうか?

むしろあそこを余裕で(無理があるけど)乗り切ればバイツァ・ダストは作動したのではないか..?

 

あと吉良をぶっ飛ばした2人はシアーハートアタックに負けた康一&承太郎っていうのも意味があるかと

最終的には吉良の精神に打ち勝ったみたいな・・・

 

と吉良さんのキラークィーンは謎に包まれています...

もしかしたら8部の「ジョジョリオン」でその辺出るかも...

ジョジョリオンは絵が無理でやめたけどもう一回読もうかなぁって思った

 

さ!終わりに..。

 

は!まさか5部のキング・クリムゾンってバイツァ・ダストより意味不じゃね...?