いろんな意味でジョーズを超えたオルカ。

今回紹介する映画はジョーズのブームに乗っかって製作された一本の「オルカ」

オルカ<HDリマスター版> [DVD]

ジョーズがヒットした後は似たようなパニック系が量産され、有名な「グリズリー」という映画も誕生しました。(海が森になっただけで物語一緒)。

その中で異色というか、明らかジョーズの後に出たんだけど中身が濃すぎるのが「オルカ」。

 

ストーリーはノーランという漁師が水族館で飼う魚を探していたところシャチの強さに惚れて捕獲をしようと考える。シャチの生態調査をしているレイチェルはノーランを止めるものの、捕獲を決行。結果は誤って妊娠している雌オルカを捕獲してしまう。さらに雌オルカとその子供も殺してしまうという最悪の結果に。雄オルカは妻子を奪ったノーランに復讐をする。

というジョーズと比べて重い。

 

はっきりいってジョーズの二番煎じではない。全く新しい映画です。

 

ジョーズオルカ、サメとシャチの描き方

サメとシャチの恐怖の描き方。

ジョーズはバカでかいサメという設定。その上に凶暴。人を選ばず襲う。そしてボコられる。

サメにはシャチほどの知能は備わっていません。そのため冒頭にサメはバックリ、オルカにバックリ喰われます。弱肉強食.....。

 

シャチには人間と変わらない知能と知識が備わっています。親から子へ獲物の狩り方を教え一つの集団を作り、その社会の中で生活します。さらにシャチの言葉は人間と変わらない情報量。まさに海の支配者、食物連鎖の頂点です。天敵も存在せず武器を持たない人間と戦えば、知能と武器の備わったシャチには敵いません。その一方でシャチは人間を意味もなく襲うことはほぼ0と言われています。

この映画オルカはノーランがいらんことしたせいで襲われる。いっちゃえば自業自得な訳です。ノーランは。しかし観てる方としては勝手にやってるだけ。だから「バカだなぁ」と思いつつ、襲うことのないシャチが襲ってる姿になぜか恐怖を覚えます。

感情移入できない人間側に感情移入できるオルカ。この映画の恐ろしいところです。人間側なのに気づけばオルカ側にいる...。

 

映像が綺麗!

昔の映画なので、撮影風景とか全くわからないのですが、冒頭のシャチの映像がすごく綺麗。本物なのかな...?どこまでが本物でどこからが偽物かハッキリとわからない。それほど完成度が高いです。ジョーズ以上です。

あ、でも本物のシャチは何の被害もなく、偽物が打たれたり復讐してます!

 

おすすめ度4/5

海のマカロニウエスタンといったところ。

この映画の主人公はオルカです。アベンジャーズ インフィニティ・ウォーでサノスが主人公なのと同じ感覚。

そのうえ、妻子を奪われ復讐に燃える姿はマカロニウエスタンの復讐をするガンマンだ。そしてその復讐を果たす相手も背負ったものを壊されている。

原案などもマカロニウエスタンに関係した人たちばかりでその色が良く出てる。

 

そしてサメではなく、シャチという高度な知能から繰り出される残虐性はピカイチ。

ジョーズを退かせる面白さです。もっと有名になってほしい。

実際どうなの?新仁義なき戦いシリーズ。

仁義なき戦い

仁義なき戦い 組長の首

仁義なき戦い 組長最後の日

 

この3作は仁義なき戦いの5作完結後に製作された新シリーズ、番外編です。

シリーズといっても3作全て独立した作品であり、繋がっているわけではありません。

そのため気に入った作品だけ観れる一本完結モノなので手軽ではあるかな。

新シリーズは、5作に比べると評価は低くあまり注目されない作品です。

 

僕は仁義なき戦いが大好きな映画なので引き続き新シリーズを観ていきました。これから観てみようかなっと思っている方に参考になれば幸いです。

 

 

仁義なき戦い

新 仁義なき戦い [DVD]

実質一作目のリブート作。

今作は新シリーズで最も評価が高い作品となっています。

何と言っても「仁義なき戦い」のリブートだから。面白くて当たり前ですね。

世界観をガラッと変えているものの、見ごたえはあり一作完結であることも魅力の一つだと思います。

さらに豪華キャスト。仁義なき戦いでおなじみの人はもちろん、若山富三郎も出演しており、豪華な画となっています。

 

おすすめ度4/5

完結篇を観終わった後に、もう一度新鮮な形で仁義なき戦いを観ることができ、おすすめです。

一作にまとめられた濃い内容を目に焼き付けましょう。

 

仁義なき戦い 組長の首

新仁義なき戦い 組長の首

新シリーズ第二弾!・前作「新仁義なき戦い」とは関係ありません。

ここから実録路線を抜け出しフィクションの世界へと移り変わります。

そのため多くのファンが離れたといって.....いいのかな...。

そして舞台が広島から九州へと変わります。

激しい組長交代劇を描く作品です。

 

おすすめ度3/5

豪華キャスト続きだったシリーズでは、今作のキャストでは満足できない意見も多数。

ストーリー展開にリアリティがない。

カーチェイスが見どころのアクション映画となっている。

 

ひし美ゆり子さんの演技が光る作品。女性が目立つことが少ないシリーズだったので、新鮮な画だった。

 

全体的には良い作品だと思います。しかしタイトルに「仁義なき戦い」と入れてしまえば他の作品と比べてしまい落ちてしまいます。

「文太兄ぃ 組長の首」と考えて観れば最高です。

菅原文太さんのファンなら絶対観るべし!!!

 

 

仁義なき戦い 組長最後の日

新仁義なき戦い 組長最後の日

仁義なき戦いの最終作です。

菅原文太さんが組の中で動くのが仁義なき戦いでしたが、今作は狂犬となり暴れまわります。

舞台は九州から関西。

 

おすすめ度3/5

仁義なき戦いではないです。文太兄ぃの映画です。

開幕から強烈な画で始まり、異様な雰囲気を継続してくれる。まるでホラー映画。シリーズで一番怖いと思いました。アクション映画としても面白い。

暴れまわる文太兄ぃの構図もシリーズで唯一なので良いです。

最後のほうは収集つかない状況になっているけど、そんなこと忘れるぐらい異様な作風です。

 

ただ何度も言うように仁義なき戦いではないです。

菅原文太ファンが観る作品です。

 

まとめ

仁義なき戦いはリブートということで見ごたえもあり、仁義なき戦いシリーズで観ても満足できると思います。

あくまでも番外編なので、組長の首組長最後の日仁義なき戦いとは考えず、別の作品だと思って観ましょう。

 

日本のマッドマックス ・いつかギラギラする日

邦画は洋画と比べてアクションが少なめことが多いです。

今公開されている邦画もアクションを推すことは少ないです。するとしたら時代劇だったり、アニメだったり。それはもちろん日本の映画の良さです。時代劇は日本でしか作れません。

 

でもアクションと聞けば頭に浮かぶのは、マイケル・ベイ並みの火薬。ワイルドスピードのようなカーアクションが多いと思います。

現在注目が集まるのは洋画のアクション。

その洋画のアクションを持った邦画が、1900年代には多数存在していて、その中の「いつかギラギラする日」を紹介するのが今回の内容です。

 

いつかギラギラする日 [DVD]

いつかギラギラする日の魅力

この作品は、膨大な予算を使って製作されたものの、結果としては決して良い結果ではなく、滑った作品です。

予算は約10億、それを超えて11億とも言われています。

ストーリーも、主演の萩原健一Vシネマのようだ。と言ったエピソードもあり、大作のような物語ではありません。

ざっくり説明すると現金輸送車から5千万円を盗んだギャングの一人が、金を独り占めしようとして仲間割れを起こす。仲間を射殺し、金を持ち逃走。しかしギャングのリーダーは逃げることに成功し、金を取り戻す。という5千万円争奪戦です。

この現金輸送車からお金を盗み出すという物語は実際に起きた未解決事件「三億円事件」を思い出せる内容となっており、見どころのひとつです。

日本のマッドマックス

マッドな要素はもう盛沢山!

登場人物の説明をすると、鼻にガーゼの男、チャラい男だけどやばいやつ、めちゃくちゃ見てほしい女、白い粉でハイの死神。

一人一人の個性がとんでもなく濃いのです!

 

そしてアクションの見どころはカーチェイス

約20台のパトカーに加え、ギャングたちの車も走り抜ける!

車が宙を浮き、壁にぶつかり、銃の弾を無数に受ける。

そして車から銃を撃つ。

お高い車も全部破壊←予算が膨れ上がった原因

バスも横転!

全員車から降りても撃って、また乗る。

これほどド派手なアクションは日本で、この「いつかギラギラする日」しかないです。

 

気狂いピエロを観た感想。

ネタバレを含みます。

 

 

ゴダール映画に出会ったのは「アリスインワンダーランド」の話題になった時。

現実に起こりうる悪夢を描いた「ウィークエンド」は夢のような美しい世界ではなく、現実的に押し寄せた「アリスインワンダーランド 」だ。

ウイークエンド Blu-ray

ゴダール映画は好き嫌いがハッキリと別れる映画でもある。

10人に6人は嫌い、意味不明というかもしれないぐらいだ。

その理由としてあげられるのが台詞と映像の脈力のなさ。

と言っても台詞は仕方ない部分もある。

字幕がおかしい場合がゴダール映画には存在するから。

そこで字幕なければ観て感じろ。という芸術映画へと変貌する。

 

今日紹介するゴダールは、気狂いピエロ

男女の破滅的な逃走劇を描くこの作品はゴダールを代表する一作だ。

 

気狂いピエロ [DVD]

気狂い

タイトルの「気狂い」の正しい読み方は「きちがい」。

表現の規制などで稀に「きぐるい」と読ませる場合があるものの、タイトルにふりがなはなく、正しい読みで間違いはない。

この映画には多数の気狂い要素がある。

それは「ピエロ」と呼ばれるジャンポールベルモンド演じるフェルディナンの周りにまとわりつく愛。

愛によって振り回され、最後には命を落としてしまう。我に帰った時には既に取り返しのつかない状況に陥るのは、どうしようもない。

 

ピエロ以外の気狂いは、どこかというと映画全体が気狂いです。

構成が不可思議。

映像から観て取れる情報量が多い。が、しかし会話から得る情報は極端に少ない。さらに映画とは関係ない。

その交差する部分が面白く、コメディ調な雰囲気も少し感じ取れます。

さらにデッドプールのような力を発揮する場面も。

観てる視聴者に合図を送ってきたりと、決して暗い気狂い要素だけが詰まった作品とは違うのです。

 

説明するのが全体的に難しい映画なので、「観たらわかる!」と言いたくなります。

 

原作がある?

この映画には、一応原作となるライオネル・ホワイトの小説があります。

ただ物語のベースを敷いただけで、ほとんどはゴダールオリジナルです。

 

好きなシーン

見所が集まった一本ですので、好きなシーンは沢山あります。

ミュージカルな雰囲気を持った「私の運命線」や、やはりラストの顔を青く染め、爆弾を巻きつけドーン!💥

その後静かに映し出されるギラギラした海などなど。

こうしてみると、何個かテーマに分かれて映し出してる気もします。

 

観終わって一番思ったこと

北野武監督の「ソナチネ」は気狂いピエロの影響をかなり受けた作品だと聞いていました。

比べてみるとかなり似てます。

むしろ北野武監督の初期の時代1〜4の中で暴力による三部作とも言われる「その男、凶暴につき」「3-4×10月」「ソナチネ」はゴダールの影響がかなり出てると思いました。

その男、凶暴につき」はLA大捜査線が濃く現れているので別ですが、「3-4×10月」。これはゴダールです。気狂いピエロです。

あの有名なたけしが大きな草の前でソッといるシーンも気狂いピエロですし、白昼夢を彷彿とさせる演出はゴダール

これを日本版に持ち返したのは凄いと思いました。

 

でも結局わからん気狂いピエロ

日本語字幕で観てる時点で、これは本来の気狂いピエロではないんだなって、最終的に思いましたね。訳が若干違うんですね。日本語での取り方では、微妙なズレが生じて大きくなるんですね...。

2回目以降なら気合で字幕なしで観れそうではあります......

 

 

第三の男・Blu-ray・感想

第三の男を鑑賞しました~。

Blu-rayで( ・´ー・`)

第三の男は1949年のイギリス映画で、今でも高い人気を誇る白黒映画です。

f:id:babel1107:20181014150149j:image

ストーリー

作家のホリーは、友人のハリーの招きで街に訪れたが、ホリーが家を訪ねた時にはハリーは亡くなっていた。交通事故で亡くなったと知らされたが、何かおかしいと感じ、調査を進めていくとハリーが事故にあった瞬間を見ていた第三の男が居たことを知る...。死の真相を知る第三の男とは...?

 

さて今回はBlu-rayでの鑑賞です。

詳しいことはわからないのですが、著作権の関係とかあって、現在はパブリックドメインの映画らしいです。

そのため安価でDVDが手に入ります。

しかし!安いがために画質が悪かったり、最悪字幕に誤字があったり、そのシーンとは別の字幕が混入されている場合もあるそうで...。

ややこしいですね。

なので現在廃盤でプレミア価格がついていますが、ユニバーサルのBlu-rayを買ったほうが安心に視聴できます。

 

まずは映画の感想

物語自体がとても面白く、ハリーの死にまとわりつく人間関係がよかったです!

会話だけで繋ぐシーンもいくつかあったけれど、スラスラっと進んで状況が飲み込みやすかった。

映画全体、主人公ホリーの目線で楽しむことができ、英語以外は、字幕がついておらず、ホリー同様理解できません。

そこがまた良い。

 

そして特徴的なのはカメラワーク。

水平ではなく斜めから映したシーンが多くあるが、酔うこともなく、どのシーンも新鮮に見えて、疲れることなく最後まで楽しめました。

斜めのショットから、影を映し出すシーンも印象的で、ラストは緊張感を持続させてくれます。

 

ラストに近づいていくと、人間関係はより深くなり、白黒映画でしか表すことのできない、光と闇の関係がたまらなく良かったです。

 

Blu-ray使用について

画質はとてもいいです。ただ画面は少しくらいです。

字幕はもちろん大丈夫ですし、なにより映像特典が多く、ファンにはたまらない仕様となっています。

f:id:babel1107:20181014150157j:image

素晴らしい!買いです!

 

オーシャンズ11~13を観た。

今年はオーシャンズ8が公開され、再びオーシャンズに注目が集まっている時期ですね!

そこでオーシャンズを一作も観ていなかった僕も11、12,13とシリーズを観ていきました。

 

が正直11以外は微妙...。

12、13を作る必要なかったんじゃないかなぁ...というのが今回のお話です。

 

 ネタバレもあるよ!

 オーシャンズ11

オーシャンズ11 (字幕版)
 

 これはとても面白かったです!

まずオーシャンズを観る前の僕はリアリティのある作品だと思っていました。

しっかりと金を盗む理由があって重い背景もあったりするのかなぁ~っと。

しかし観てみると意外とあっさり。スタイリッシュな映画でした。

娯楽映画としてのバランスも良く、11人の仲間の不思議な友情も感じられて、まさにオーシャンと十一人の仲間

ひとりひとりしっかりとした役割があって、主要人物の多さも感じさせない傑作!

 

アンディ・ガルシアの演じるカジノ経営者テリー・ベネディクトのキャラクターも威圧感あって、落ち着き、貫禄のある人間で引き込まれました。

filmarks.com

 オーシャンズ12

オーシャンズ12 (字幕版)

オーシャンズ12 (字幕版)

 

 2004年にアメリカで公開されたオーシャンズ11の続編。

オーシャンズvsフランスの泥棒、ナイト・フォックスという泥棒対泥棒をメインで戦わせるという続編という形でいかにもやってきそうな設定。

前作で登場したテリー・ベネディクトも今作で関わってくる。

 

まず12は11とは映画の軸となる物語に構図がバラバラな印象です。

何度でも観れる映画を目指したような気がします。

やたら現在の時間を押し付けたり、曜日が関係するものばかりでわっかりにくい。

一回の説明では「.......うん」ってあっさり「つまんね」ってなったのは本音です。

割りとラストはバカげてます。がしかし、この12は思い返しても一度で終わることのできない映画なのです。一回では100%理解できるわけでもなく、不思議と手にとってしまう魅力的な筋肉映画です。

 

そう!この映画を支えたのは間違いなくアノ筋肉強盗

あの筋肉強盗を目に収め、ついでにストーリーを楽しむ作品となっています。

強盗劇としてはクソです。あのダイナミックな筋肉強盗こそ!この映画のすべてなのだ!

filmarks.com

オーシャンズ13

オーシャンズ13 (字幕版)

オーシャンズ13 (字幕版)

 

 三部作の終わりですね...

悪役(?)にアルパチーノを向かい入れた復讐劇!

 

ぶっちゃけ13は一番期待していた。

アルパチーノのファンっていうが一番デカい。

しかもアンディ・ガルシアが仲間に加わる、ということはアルパチーノとアンディ・ガルシアの二人を観ることができるんです!!

ゴッドファーザーが大好きな僕にとって、この二人の共演は最高です。

そういったもろもろがあって期待していました。

 

観終わったらまぁクソでした...。

もちろん13以上にクソな映画は色々あると思いますし、観ています。

でもこれはシリーズものなので、どうしても一作目の11と比べてしまいます。

11と13を比べると、11のほうが断然いいです。

13はぶっ飛びすぎてる...。あとは11の劣化版って感じ。

 

最終的に全作観ると、12、13は作らなくてもいいじゃん...ってなりました。

filmarks.com

 

LNW?ハリウッド?クソ映画争奪戦。

こんにちわ!ダミアンです。

今回は2016年公開Light up the NEW worldと2017年配信DEATHNOTEデスノート

いったいどちらが新のクソ映画なのか、考察していきます。

DEATHNOTEデスノート

babel1107.hatenadiary.jp

 ↑もう書いてた(;'∀')

こちらの通り全部クソです。

ライトがバカ、Lもバカ、ノートも「ワタリ」と苗字だけ書いて抹殺するなどわけわからん設定のオンパレードでした。

 

Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world
 
デスノート Light up the NEW world [Blu-ray]

デスノート Light up the NEW world [Blu-ray]

 

 はい!今回はこちらをメインでダラダラ書いていきます~。

 ネタバレあるよ!

 

物語のひねり

今作は正統的な続編で藤原竜也のライトの世界線ですね。

スピンオフを除くと10年ぶりの続編であり、話題になりました。

豪華キャストですし!

 

しかし公開後の反響は「クソ」「ゴミ」という言葉で溢れ、評価はボロクソ。

先に僕が観た感想を言うと「いい感じのゴミ」かな...?

 

まず問題はストーリーの設定だけど、そこは良い。

 

6冊のノートが人間界に落ちてきた。というのが基盤。

人間界に存在するデスノートは6冊が限界。7冊目以降は力を発揮しない。というルールは一応原作で触れられていた...はず、うん。

このルール下でのデスノートの設定は良かったしひねりがあって面白かった...けど。

6冊の意味はどこへ...?

割と序盤で日本にもう6冊きちゃってるんだよね!いやもうコレやばいでしょ?!

しかも4冊を1人で、1冊は警察、1冊は竜崎。

この時点で6冊あるのにもう半分の実質3冊でのデスノートなんだよね!?いやもうコレ(以下略)

なので「デスノート争奪戦」といっても全然登場人物でないんだよね!

 

いやほんと...脚本にそこまで力がいかなかったのか...?

6人でノート争うほうが面白いやん絶対...。

 

あとさあとさ!(追い打ち)

最初のノート落ちてくるシーン絶対いらんやん

ロシアでポロっと空からノート降ってきてロシアのノート物語が10分ほど続きます。

それはノートの基本的な設定をなぞってるだけです。

 

いや10年ぶりでも続編なんだから説明いらんやろ(-_-;)

 

その後キラ復活みたいになって世界は興奮し始め、ライトの存在が解き明かされデスノート対策本部に説明しているのですが、そのシーンが観客に観ている僕たちに語りかけているようでリアリティ0でした。

基本前作を観てからの続編なのでライトがキラとか知ってて当たり前です。

むしろ説明しているお前誰だよ。登場人物の説明も割とクソ(補足)

 

三島創竜崎紫苑優輝 の小物感

今作は「3人の天才」とのバトルが見ものとなっています

実際は全員バカなんですけどね。

 

この3人は全員キラ、Lの下位互換です。

魅力0のキャラクターでモブキャラ同士がノートで戦っているように見えて大変ショボい。

 

あと

演技が...演技ガァ!!!

www.youtube.com

↑こちらが作品の予告編なのですが

「これは罠だ(棒)」からわかるように全体的に演技がちょっとね......

あと三島が「弥海砂」と名前を呼ぶシーンがありますが絶対に絶対に!噛んでる!!

なんかモゴモゴして言ってるし.....もうダメだ、強い。

 

 結論

まぁハリウッドのほうがクソです。

アレはデスノートではないクソノートでありますから。

LNWはデスノートの隙をついた設定で盛り上げてもらった印象です。

それでもクソであることは間違いないのですが...(^-^;

 

ハリウッドはあのクソな作品で続編を作ろうとしています。

魅上などもハリウッドでだせそうですし、物語を大きくすることはまだまだ可能です。

 

でもLNWはデスノートの世界を完全に破壊して終了したのでもう続編を作ることは不可能です。

将来性を考えるとハリウッドのほうがいいのですが...どうせクソだから。