スターウォーズ・最後のジェダイに思うこと

最後のジェダイ…とは

スターウォーズシリーズの最新作でありクソネズ・・・ディズニーが新たに立ち上げた続三部作の二作目にあたる作品です

監督、脚本は「ルーパー」で知られるライアン・ジョンソン監督

彼の創ったスターウォーズは賛否が分かれ作品のテーマ通り光か闇か、になってしまったのです

 

 

賛否の理由

まず大きいのがスターウォーズではないという意見があります

今作は未知の世界に足を踏み入れたスターウォーズでありシリーズの中では異色

光か闇か、通りに哲学的要素も若干あります

 

またポーグ

彼の存在する理由はないです

一部からは飯テロとまで言われています

これに関しては僕もポーグはいらないと思いますね

 

僕が見て思ったこと

そもそも続三部作とか本当に要らないと思うんです

 

完全な金稼ぎに見えます

 

金稼ぎに見える理由は

スターウォーズ・フォースの覚醒

これは最後のジェダイの前作です

これはひどい

JJが監督したのですがただの焼き増し

ファンが作ったスターウォーズ

主人公が違うだけで後は過去の歩いた道を辿るだけ

なんの面白みもない

 

その点最後のジェダイは全く新しいスターウォーズの始まりでした

「お!続三部作のテーマはこれか!」と思いましたね

 

ライアンジョンソンは0を1にした

JJは進むこともなくあらすじを創った

0のままで止まってます

脚本過去からひっぱても一緒!

 

JJが焼き増ししてライアンジョンソンがそれを壊して続三部作の基盤を作った

 

スターウォーズの三部作

ただ

スターウォーズに関しては新三部作でもいろいろありましたね・・・

シリーズものの運命というか・・・

 

僕が思うのは

旧三部作・みんな見て楽しい

新三部作・アナキン信者(僕)が見るやつ

続三部作・レイのファン

 

かなぁ・・・

 

終わりに

なんだかんだ言われる最後のジェダイ

僕は大好きです

素晴らしい作品で一歩踏み込んだっと思いますね

ただエピソード9はJJが監督予定

嫌な予感がする・・・・・・・・