海を渡った邦画

「邦画より洋画」だよね

という言葉は何かとどこかで聴くものです...

 

日本を代表する監督であり「世界のクロサワ」と言われた黒澤明監督

1943年に監督デビューし、その後映画界に名前を残すことになる

主な代表作は「七人の侍」「羅生門」「用心棒」

彼は世界的に有名なスピルバーグジョージ・ルーカスフランシス・フォード・コッポラ監督に影響を与えたとも言われ表現が難しいが世界に通用した映画監督であった

1998年に惜しくも亡くなったが今も彼の作った映画は世界の映画の基盤ともなっている

 

今更で大変恥ずかしいのですが僕は最近になって黒澤映画とその歴史について学びました

するとやはり黒澤明はとんでもない監督だったんだな・・・と思いました

今回は黒澤明が他の映画監督と違う部分、そして面白さなどを伝えられたらと思います

 

国内から世界

まず黒澤映画は国内からも世界からも高く評価されました。

その中で国内、世界で一番評価が高いのが「七人の侍

何千人ものキャスト、スタッフに加え当時の映画界で考えられない制作費を使ったものの大ヒット

 

あらすじに関してはかなり特殊な構成になっておりますので控えておきます

気になる方は調べたらでてくると思いますがネタバレになりかねないので注意を・・・

七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]

 

 この映画で素晴らしいとされるのが言ってしまえばすべてです

映画の定義ってなんだろう・・・と考えたときに、それは映画に関わった人が決めるものだと思ってます

特に監督が決めることと

でも0から定義ってものは生まれにくいです

誰しも何かに影響を受けそれを改良し自分のものとする

その中で「七人の侍」は多くの定義の基盤となった作品と言えます

0を1にして1を他の人に伝えたのです

この1は世界の有名な監督に伝わり基盤ともなっています

 

迫力あるシーンのためカメラの研究や構図

練りに練った脚本

リアリズム

登場人物の性格

これらは日本を驚かせ海を渡った

 

海を渡った「七人の侍」はまさかのリメイク!

1960年「荒野の七人」

 

 2016年「マグニフィセント・セブン

 でリメイクされました

 

世界のクロサワ

国内からも世界からも評価されるのってかなり難しいものだと思います

最近では邦画は世界に行くことは少ないです

それでも2003年に北野武監督の「座頭市」は2000年代に入って世界で評価された時代劇です・・・が国内からは皆高評価とまではいかずに有名人からは

「時代劇がこれではいけない」や「海外のために作られたもの」などと割と叩かれたんです・・・

確かにタップダンスが入ってきたりってのもあるのですが・・・(私は普通に好きです)

 

 国内と世界では感性も違って何が良いか悪いか・・・と変わる中で両方から高い評価を得るのは大変難しいことなんだと

座頭市(たけし版)のエピソードを聞いて思いました

 

日本も含め世界を虜にした黒澤明監督は素晴らしい・・・

 

黒澤映画の特殊な部分

黒澤映画の特徴的な部分はやはり歩くシーンではないでしょうか

七人の侍」に出演した仲代達矢は歩くシーンを撮るだけで何時間とかかりご指導にも時間がかかったと言っています

これは黒澤明の完璧主義者の一面でもあった

その完璧主義者が時には「トラ!トラ!トラ!」や「影武者」で一連の事件を起こすことになるのだが・・・

 

とにかく

「用心棒」の三船の歩き方もリアルで演じているというよりも演じるキャラになりきっている気がします

格好だけ武士でも殺陣や小走りなどの細かな動作からリアリティは生まれるものですね・・・

f:id:babel1107:20180716013807p:plain

f:id:babel1107:20180716013818j:plain

 

海外との合作

黒澤明の名の人気をさらに加速させたのはソ連と日本の合作「デルス・ウザーラ

ロシア人の探検家「ウラディミール・アルセーニエフ」の実体験をもとにした探検記録の映画化である

 この間に影武者が入る。(色々な事件を挟むため今回はカット)

スケールの大きいスぺクタル映画

次に世界的な人気を手にした黒澤明監督の時代劇はスケールの大きいものとなりライフワークともなった「乱」は資金調達に難航したものの世界からの信用もありフランスから日本とフランスの合作として資金が集まり大ヒット

黒澤明監督の集大成ともなりました

乱 デジタル・リマスター版 [DVD]

乱 デジタル・リマスター版 [DVD]

 
乱 [Blu-ray]

乱 [Blu-ray]

 

 

今回紹介したエピソードの他にも多くありますがそれはまた一つ一つレビューでもあげようと思っていますのでその時に伝えようと思っています

 

過去に日本は世界と協力し映画を作っていた

という歴史を知るきっかけになったら嬉しいです