第三の男・Blu-ray・感想

第三の男を鑑賞しました~。

Blu-rayで( ・´ー・`)

第三の男は1949年のイギリス映画で、今でも高い人気を誇る白黒映画です。

f:id:babel1107:20181014150149j:image

ストーリー

作家のホリーは、友人のハリーの招きで街に訪れたが、ホリーが家を訪ねた時にはハリーは亡くなっていた。交通事故で亡くなったと知らされたが、何かおかしいと感じ、調査を進めていくとハリーが事故にあった瞬間を見ていた第三の男が居たことを知る...。死の真相を知る第三の男とは...?

 

さて今回はBlu-rayでの鑑賞です。

詳しいことはわからないのですが、著作権の関係とかあって、現在はパブリックドメインの映画らしいです。

そのため安価でDVDが手に入ります。

しかし!安いがために画質が悪かったり、最悪字幕に誤字があったり、そのシーンとは別の字幕が混入されている場合もあるそうで...。

ややこしいですね。

なので現在廃盤でプレミア価格がついていますが、ユニバーサルのBlu-rayを買ったほうが安心に視聴できます。

 

まずは映画の感想

物語自体がとても面白く、ハリーの死にまとわりつく人間関係がよかったです!

会話だけで繋ぐシーンもいくつかあったけれど、スラスラっと進んで状況が飲み込みやすかった。

映画全体、主人公ホリーの目線で楽しむことができ、英語以外は、字幕がついておらず、ホリー同様理解できません。

そこがまた良い。

 

そして特徴的なのはカメラワーク。

水平ではなく斜めから映したシーンが多くあるが、酔うこともなく、どのシーンも新鮮に見えて、疲れることなく最後まで楽しめました。

斜めのショットから、影を映し出すシーンも印象的で、ラストは緊張感を持続させてくれます。

 

ラストに近づいていくと、人間関係はより深くなり、白黒映画でしか表すことのできない、光と闇の関係がたまらなく良かったです。

 

Blu-ray使用について

画質はとてもいいです。ただ画面は少しくらいです。

字幕はもちろん大丈夫ですし、なにより映像特典が多く、ファンにはたまらない仕様となっています。

f:id:babel1107:20181014150157j:image

素晴らしい!買いです!