不規則・ダミアンのブログ

毎日の日記、誰かの些細な救いになれば。

パーフェクト・ワールドの記録

 パーフェクト・ワールド

パーフェクト・ワールド(字幕版)

パーフェクト・ワールド(字幕版)

  • 発売日: 2015/03/15
  • メディア: Prime Video
 

 作品情報

  • 上映時間 138分   

あらすじ

刑務所に収監されていたブッチ(ケビン・コスナー)とテリーが脱獄。その後、車を使い逃走するがテリーが見知らぬ家に上がり込み面倒を招く。

ブッチは状況を見かねて家に上がり込むが隣人の老人が銃を持って応戦。ブッチとテリーは人質を使って老人から銃を手放すようにと合図を送る。老人は銃を置いたが家の近辺に住む人達は異変に気がつく。テリーは人質がいるとブッチに言う。ブッチはフィリップという少年を人質にすることにし、彼を車に乗せて逃走を図った。それがブッチとフィリップの奇妙な友情の始まりだった......。

 

感想

ブッチとフィリップが歩んだ擬似親子の旅はいくつもの壁を乗り越え、次第に愛情に近い友情を互いに実らしていく物語の展開に不満なく普通に感動しました。 

完璧な世界など存在しない。

タイトルになっているパーフェクト・ワールド。その集大成とも言える演出がラストのブッチの射殺だと思うのですが、それ以外にも完璧な世界は存在しないとポジティブな面で表現しているのが宗教の問題だと思います。

少年フィリップは宗教上の理由でハロウィンを始めとした数多くの儀式への参加を禁止されています。いわば、宗教によって隔離された世界も一つのパーフェクト・ワールドなのです。儀式が余計なものと仮定すれば、余計なものが存在しない世界なのですから。

しかしフィリップはブッチとの出会いをきっかけに自らパーフェクト・ワールドの破壊を試みます。実際、作中には冒頭に禁止されていたハロウィンを実行します。

フィリップは悲劇の面だけではなく、喜劇の面でも完璧な世界は存在しないと知るのです。

 

共演と言えるのか、イーストウッドとコスナー

この映画、あんまり押し出していないのですが一応イーストウッドとコスナーという新旧世代のスターの共演という見どころがあるのです。が、共演しているのは最後のみ。驚くことに、最後のみ。 

実際、この映画をきっかけに不仲説が跡を絶たないようですが、なんとも言えませんね......。

 

まとめ

コスナーの門と冷やかされたダンス・ウィズ・ウルブズで成功を収めたコスナー。

映画界で不動のスターとして君臨するイーストウッド

二人の共演で生まれた映画は完璧な映画であることは間違いないと思います。

ある種、マナーとルールに支配された現代。傾いたパーフェクト・ワールドに身を置く私達も何かをきっかけにモラルを守りつつ成長していきたいですね。